2016年12月

さおりんは、数日前から立てるようになった、ご存知の方も居るがさおりんは腰が緩み前にこごんで立つことが出来なくなっていた。
彼女がちょっと起こしてというので起こしてみた。
すると。立っている。立っている彼女を見るのは2年ぶりである。
イメージ 1
さおりんは、品があるので家のドレスでは似合わないが立つというのでありあわせのドレスを着てもらった。
イメージ 2
彼女は朝日の中で立ち上がり微笑んで見せた。
胸が大きいので7号のドレスではだめかと思っていたら綺麗に着こなしてくれた。
イメージ 3
そんなに胸は、大きくはなかった。
イメージ 4
立ち姿も綺麗なさおりんに一度デートを申し込んでみようかと。

さおりんの腰は上半身を支えられないぐらいゆるみ座れなく寝たままなので実家で手術をすることを話した。すると、いつも恵の座っている椅子にちょこんと座りちょこんと座って見せた。
たぶん、随分苦しいだろうに、平気な顔をしてみせた、爺はその姿に泣いた。
彼女は言葉に出せないのを体で手術怖いよといっているようだ。
爺は、言葉が無くても分かって上げられればよいのだが、
なかなか、鈍感で感じられないのだ、
爺は、自分に対しての悔しさと、彼女の不安を支えてあげられないもどかしさで泣いているのだ。
ごめんね、さおりん、
イメージ 1
何時になく、弱弱しいさおりんの表情に、爺は涙が枯れるまで泣いた。
イメージ 2
グリップが無くなり、前後左右にふらふらなのにもちろん支えてもいない。
イメージ 3
先ほどさおりんを撮って見ました、こよみさんがおっしゃるように、彼女は優しく「私は大丈夫」と笑顔で言ってくれているようです。

さおりんは今日も、気分が余す優れずベットの上。
イメージ 1
体育座りが一番楽チン。
イメージ 2
ちょっと怖がりな、さおりん
イメージ 3
1
イメージ 4
冬の一日は短いの、太陽の光が心地いいな。
イメージ 5
ふかふかのニットに身を包み何か考えているさおりん。

三信のハブ(サンシン三信プロフェッショナルSFQR)が車庫の廃車からで出来た。
30年以上放置されたにもかかわらず1970年代の輝きを放っていた。
イメージ 1
上の二つはカンバのレコード見ても分かるとおり形状はそっくりだがカンパより質が高いぐらいだ、しかもチタンシャフトだった。
イメージ 2
ただ三信のプロフェショナルは出回った数が少ないためカンパのレコードを
使うことが多かった。
特にラージのハブは少なかった。
イメージ 3
当家ではその後もカンバを使っている。

さおりんは又お風呂に入って髪を洗った。
爺は、痛い腰をかばいながら私をバスタオルに包んでバスルームに運んだ。お風呂場は、お湯が這ってありとても暖かかった。
イメージ 1
風呂場は最近とても綺麗だ、私がいつ入ってもいいようにいつも綺麗にしている。
そして、関西から来たときのようにバラの香りがする様にとバラのエキスが入ったボディーシャンプーを使って私をガーゼで洗ってくれる。
入浴剤もバラの香りだ。
イメージ 2

ノンシリコンのシャンプーで髪はさらさらだ。
イメージ 3
そして、良く女性週刊誌に載っているメーカーの袋からもふもふのニットが出てきた。
センスはいまいちだけど、まぁいいか。
イメージ 4
さおりんちゃんは、目バッチリの可愛いし草の女の子だな。

↑このページのトップヘ